新たなしごと創出支援事業 新たなしごと創出支援事業

目的

医療機器メーカー様やスタートアップ企業様などの開発ニーズ(医療機器等の改良や量産に係る試作など)について、優れた技術を有する福島県内のものづくり企業に橋渡しし、県内ものづくり企業の新たな「しごと」の創出を図るとともに医療関連産業への新規参入を促進することを目指します。

試作企業の探索にお困りでしたら「ふくしま医療機器開発支援センター」がお手伝いしますので、ぜひご相談ください。

<ご相談フォーム>
https://forms.gle/WmXT1sfXyzNAq2c28

取組

【2024年度】

⑴ 試験費用の助成
医療機器メーカー様やスタートアップ企業様などの開発ニーズについて、福島県内のものづくり企業とマッチングの上、試作・製造された医療機器等に関して、ふくしま医療機器センターで試験(安全性試験や性能試験、ユーザビリティ試験など)を実施する場合に、その試験費用等に対する助成を行います(上限300万円)。

⑵ 新規参入を希望する福島県内企業への支援
※ 現在、準備中です。

医療関連産業に未参入(もしくはそれに近しい)県内企業を対象に、医療関連産業でしごとを得ていくために必要な知識を得るためのセミナーを年間を通じて実施したり、医療機器関連の展示会に来場者し、業界のトレンドを学ぶといったものを想定しております(それらの取組を1つのパッケージとして県内企業に提供することを検討しています)。

<お問合せ先>

ふくしま医療機器開発支援センター 事業企画推進部 平・清和
TEL:024-954-4014 Mail:fmdipa_01@fmdipa.or.jp